アメリカン・エキスプレス プラチナカード

アメリカン・エキスプレス プラチナカード

アメリカン・エキスプレス プラチナカード

1993年に発行され、1999年にセンチュリオンカードが発行されるまで最高峰に君臨し続けた超プレミアムカード。2011年現在も国内でのセンチュリオンカードの発行に関する情報が希少である事から実質的には最高峰と言われている。2008年にサービスレベルの向上に伴い、年会費の値上げが行われた事で年会費ベースでもダイナースクラブ プレミアムカードと肩を並べ、アメックス センチュリオンカード、SBIワールドカードに次ぐカードとなった。また、国内では「プラチナカード」の商標をアメックスが持っている事もあり、プラチナカードの代表格と言えばこのカードの事を指す。

詳細情報

ブランド AMERICAN EXPRESS
取得条件目安 不明
下位カード アメリカン・エキスプレス ゴールドカード
上位カード アメリカン・エキスプレス センチュリオンカード
隠語 雨白
年会費 ¥105,000(税込)→2013年3月以降¥136,500(税込)に値上げ
限度額 会員ごとに設定
入会方法 インビテーションによるアップグレード
家族カード 無料
国内旅行付帯保険 最高1億円
海外旅行付帯保険 最高1億円
コンシェルジュデスク 24時間365日
プライオリティパス

入会実例

ゴールドカードのデスクへ問い合わせしたついでに「確かインビテーションじゃないとダメなんですよね?」と軽い感じで聞いてみたら、たまたまなのか「丁度こちらからご案内しようと思っていました」という事で申込書を送って頂きました。

先日、私が紹介した友人もインビテーションの書類が届いたという報告がありましたので大体のデータを載せておきます。

取得時データ

役職 年齢 月間利用額 年収 勤続年数
役員 30歳 約15万 2400万 5年
役員 30歳 約10万 1200万 4年
管理職 30歳 約5万 1000万 3年

全員30歳を迎えたタイミングというのが分かりました。取得条件の一つとして原則30歳以上という話はどうやら間違いなさそうです。