PPC_1manensatu4mai500

2013年度プレミアムカード年会費ランキング

プラチナ以上のカードを持つ人の多くは、保持していることによるステータスを年会費に見出している人が少なくありません。なぜなら、その年会費を払えるという経済力の証だからです。

ここでは、プラチナ以上でかつプロパーカードに限定した上位8つのカードを紹介しています。
カードの属性よりも年会費に焦点を置くことで、実際のグレードがどの程度なのか把握する事ができます。

1位 アメリカン・エキスプレス センチュリオンカード

アメリカン・エキスプレス センチュリオンカード

¥367,500

2位 SBIワールドカード

SBIワールドカード

¥157,500

3位 アメリカン・エキスプレス プラチナカード

アメリカン・エキスプレス プラチナカード

¥136,500(2013年3月以降)
¥105,000(2013年2月まで)

4位 ダイナース プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

¥105,000

5位 JCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)

JCB THE CLASS

¥52,500

6位 三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

¥52,500

7位 シティ セレクト VISA プラチナカード

シティ セレクト VISA プラチナカード

¥36,750

8位 SBIプラチナカード

SBIプラチナカード

¥31,500

まとめ:圧倒的なアメックスブランド

上位3カードのうちアメックスが1位、3位という結果となりました。

特に注目したいのが、ブラックカードのうちの一つでもあるダイナース・プレミアムカードよりもアメックス・プラチナカードの年会費が上位であるということ。

口コミサイトなどの両カード保持者による比較を見る限り、ベネフィットの差はそれほど無く、むしろアメックス・プラチナを推す意見があるくらいなので、もはやアメックス・プラチナは券面がブラックでない事以外はブラックカードと同レベルであることが窺えます。

参考:ダイナースプレミアム VS アメックスプラチナ?